2006年03月31日

オーガニックフード

タオのロハスライフの第一弾は、まずは食事エサから・・

人間と同じく、食事はわんこにとっては一番大切な問題ですね。

何を食べさせるか、それは、飼い主の判断にすべて任せれているので、責任重大です!

近年、わんこをはじめとするペットにガンや、糖尿病、様々な病気を引き起こしている原因は、食生活、とくに粗悪なペットフードが大きく関係していると思います。

ペットフードに関しては、日本には規制がないので、多くのフードに防腐剤や添加物が使われ、中にはダイオキシン並みの環境ホルモン作用をもつ猛毒が使われているのが現状です。犬(泣)

と言って、栄養バランスを謳い文句にしているフードを選ぶと、人工的なビタミン剤を多く配合していて、わんこの身体に負担がかかります。やはり天然のビタミン・ミネラル等は、ハーブからとるのがいいのではないでしょうか〜?

”医食同源”という言葉がありますが、バランスのとれた食事をすることは病気を予防し治療することにつながります。食べ物によって、健康にもなり病気にもなるのは、人間と同じですね。

やはり、わんこには、無添加で天然のもので作られた、オーガニックフードをあげるのが安全と思われます。四葉

多少費用はかかるかもしれませんが、わんこが一生を通して健康で元気に生活してくれることを思うと、十分価値はあると思います。

または、最近、増えつつある手作りごはんもいいですね。でも、わんこが消化吸収できないものがいくつかあるので、それには十分気をつけて!

実際、手作りごはんで、完璧な栄養のバランスをとるのは大変なことなので、たまにドッグフードに新鮮なお肉や野菜を小さくきったり、すったりして混ぜてあげるのがといいと思いますよ〜。


さて、タオの食生活はというと・・・

最初は、ペットショップで食べさせていたというフランスR社のパピーフードだったのですが、何といってもウ★チ フン がくっさーいので、たまらずフードを変えました・・中身をよーくみると、ビーフの量が結構多くて、後は油の質もあまりよくないような感じがしました。。

とりあえず、アメリカのパンパードペットのパピー用に変え、様子を見ていたのですが、ウ★チも臭くないし、これは悪くないようです♪

無添加で、ナチュラルハーブ配合で、ユッカサポニンっていうのが便臭を防ぎ、毛並みを良くする高品質はフレックスシードオイルやリノール酸、更にはお肌にいいアボガドと自然なビタミンミネラルの海草も入っています♪

普段はこれをベースにして、無農薬野菜やカッテージチーズ、ヤギミルクなんかを混ぜてあげています。タオはまだ5ヶ月なので、栄養たっぷりと!犬(笑)

そして、たまーに手づくり感が楽しめるケーナインヘルスもプラスしてます。中身が見えてる、てなんか安心ですよね。

化学調味料・着色量・保存料など全く使わず、すべてオーガニックや穀物や野菜、ハーブで出来ていて、それをお鍋でグツグツ・・そして新鮮なオイル(フラックスオイルとか)と良質な生肉をプラスして出来上がり〜!まだ、タオには生肉(馬肉など)はまだあげてませんが。。

まだまだ奥が深ーいわんこのごはん。。
これからも思考錯誤しながら、取り組んでいきまーす。手(チョキ)






ニックネーム Aki at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/251247
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック